ベトナムに関して

ベトナム旅行の最適時期はいつ頃?避けるべき時期ってあるの?

海外旅行をする前に知っておきたいのが現地の天候。

今回はベトナム旅行に最適な時期に関して書きたいと思います。

 

ベトナムの気候に関して

hanoi_sapa

ベトナムは熱帯モンスーン気候に属しておりカンボジアと同じように乾季雨期2つの季節に分けれますが、南北に縦長な国土のため地域によっての寒暖差や気候に大きな違いが有ります。

そのため、東南アジアらしいイメージのまま渡航すると思わぬ寒さに風邪を引いてしますかも。

乾季:11月~5月

・地域によって多少違いはあるが、観光のベストシーズン。天候に影響されるようなツアーに参加する際はこの時期に参加するべき。

雨期:6月~10月

・短時間の豪雨、スコールがよく降るため観光にはあまり向かない。

 

南部:ホーチミン、ミトー(メコンデルタ)

mekongdelta_boat

ベトナム南部はいわゆる東南アジアらしい温かな気候と穏やかな雰囲気が感じられる地域です。1年を通じて平均気温は28度前後で、Tシャツ1枚と短パンで、ビーチサンダルで1年中過ごすことが出来ます。

ベトナム南部旅行のベストシーズン/オススメポイント

・降水確率が低くカラッとした天気のため、観光に最適。

ベトナム南部旅行時の注意点

・メコンデルタで蛍が繁殖する。日本と異なり小さめの蛍が健気に輝く様子は愛らしい。

 

中部:フエ、ダナン、ホイアンなど

danang_boat

ベトナム中部は平均気温が25度くらいで南部ほど暑すぎず、北部ほど寒くならない程よい気候です。ただし、乾季から雨季に入る9月~10月くらいは台風が頻繁におこりやすく、川が氾濫し街全体が浸水することもあるので要注意です。

ベトナム中部旅行のベストシーズン/オススメポイント

・台風が少なく、雨量も少ない1月~4月がベストシーズン。

・ダナンはビーチリゾートとして有名。絶品のシーフードや海のアクティビティも豊富。

・近代的な発展を遂げるダナン、ベトナム最後の王朝が存在したフエ、貿易都市として賑わった古都ホイアン、古き良き歴史らしさだけでなく、最先端の近代模様が入り交じっている雰囲気を一度に楽しめる。

ベトナム中部旅行時の注意点

・季節の変わり目(9月~10月あたり)は台風が起きたり、雨によって川が氾濫したりするので、事前に天気予報などを要チェック。余裕を持った日取りでの観光がオススメ。

 

北部:ハノイ、ニンビン、サパなど

hanoi_ninhbinh

首都ハノイをはじめとする、ベトナム北部は常夏のベトナムらしさとは異なり、12月~2月頃は最低気温が15度くらいになるなど、ジャケットが必須なほど冷え込みます。今なお少数民族が生活するサパはベトナムでも唯一の雪が降る人気観光地です。

ベトナム北部旅行のベストシーズン/オススメポイント

・気温は低いが、降水確率も低い11月~12月がベストシーズン。

・ハノイからハロン湾までは片道3~4時間ほどかかるため、日帰りではなくボート泊などのツアーがオススメ。

・ハノイの料理は屋台からレストランにいたるまで美味しいものばかり。ハノイでしか食べられない料理もあるので、事前に食べたいものをリスト化しておくと良し。

ベトナム北部旅行時の注意点

・12月~2月くらいにかけては、日本の秋と同じくらいに気温が下がり冷え込む。ジャケットなどは必須。

・ハロン湾のボートクルーズなどは強風などの天候によって当日にクルーズが中止となることがあるので、日取りにはゆとりを持つ。

 

ベトナムの公休日・祝祭日

ベトナムは他国と比べて比較的休みが少なく、1年を通じて大体10日ほどとなります。

しかし、旧正月(別名:テト休暇)と呼ばれるイレギュラーな休みがあります。(後述します)

2018年公休日・祝祭日リスト

日付曜日祝祭日名称(日本語)祝祭日名称(現地語など)
1/1月曜新年New Year’s Day
2/15~21木曜~水曜旧正月Lunar New Year Holidays
4/25水曜雄王記念日Hung Kings Commemorations Day
4/30月曜南部ベトナム解放記念日Victory Day
5/1火曜メーデーInternational Labour Day
9/2日曜建国記念日National day
9/3月曜建国記念日(振替休日)National day(Compensatory holiday)

(引用元:JETRO)

“オレンジ色”がある所は、移動祝祭日とされ毎年異なります。そのため、渡航前に確認しておきましょう。要注意です。

“旧正月”は旅行を避けるべき

上記でオレンジ色にさせてもらった”旧正月”は数少ないベトナムの休みの中で、もっともベトナム人にとって重要な休みです。旧正月の文化自体は中国から流入された物ですが、ベトナム人にとっては1年の中で里帰りをしたり、親戚などに挨拶にまわる大事な休みなのです。

この時期に旅行をするべきでないとする理由はいくつかあって、

 

・毎年休みの時期が異なる。

・旧正月期間は約1週間。

・期間中、多くの店舗が閉店する。

旧正月物価ということで、ローカルの市場から移動手段など通常の2~3倍もの値段がかかる。

・里帰りのために移動するベトナム人が多い影響で、飛行機・バス・列車どの移動手段も大混雑。渋滞も必ず発生するためスケジュールには余裕を持った行動が必要。

 

特に最初の・毎年休みの時期が異なる。というのが、厄介です。まず、毎年変動する休みという文化が、我々日本人にとって馴染みがなく、事前に調べられる方も少ないため、この時期に観光をしようとして思った通りの観光が出来ないという人が多いです。この時期にあえて観光をしようとするのは、「閑散としたベトナムを楽しみたい」「いつもと違うベトナムを見たい」という人以外は絶対に避けたほうが良いです。

2018年以降のベトナム旧正月期間

2018年以降の旧正月を記載しておきますので、ご旅行の際はこの時期をなるべく避けるようにスケジュールを組んでください。

大晦日元日旧正月期間
2018年2/15(木)2/16(金)2/15~2/20
2019年2/4(月)2/5(火)2/4~2/10※
2020年1/24(金)1/25(土)1/24~1/30※
2021年2/11(木)2/12(金)2/11~2/17※
2022年1/31(月)2/1(火)1/28~2/6※
2023年1/21(土)1/22(日)1/21~1/29※

※マークの部分は予想です。ベトナム政府によって期間が延長する場合もあるため、

大晦日・元日の前後1週間は避けるように予定を組むべきです。

 

まとめ

以下、今回の記事のまとめポイントです。

・南部、中部、北部で気候が異なるため、地域に合わせた服装を事前に準備しておく。

・旅行はどの地域でも乾季がオススメ。

・雨季の時期は観光がしにくくなるため、気候によっては参加できない可能性があるアクティビティは要チェック。余裕をもったスケジューリングを!

・旧正月の時期に要注意!東南アジアを周遊する場合も事前に要確認!

ABOUT ME
あたぱえ秀丸
大学卒業後、そのまま東南アジアの現地旅行会社で働き出した28歳です。元バックパッカーとしての経験と、在住歴5年の知識を活かして東南アジアを一人旅する人向けに役立つ情報を発信していきます。