カンボジアに関して

【2019年】カンボジア在住者がオススメするSIMカードはCellcard。最安$3で1週間利用可能。

simcard

スマートフォンでインターネットや電話をかけるために必要なSIMカード。最近では日本でもSIMフリーのスマートフォンが増えてきたりしていますが、正直、少し昔の日本だと存在自体を知らない人が多く、海外に住んでから初めて知ったっていう方も多いのではないでしょうか。

ちなみに僕は、海外に出てから初めてSIMカードの存在を知りました。

さて、スマートフォンを機能させるために必要なSIMカードですが、2018年現在、カンボジアで人気を博しているSIMカードを提供する携帯電話会社(キャリア)はざっくりわけて3つ。

Cellcard

Smart

Metphone

この3社です。

どちらの会社もそれぞれに特徴があり、プランも様々あります。そのため、インターネットで「カンボジア SIMカード」と検索してみると色んな人々が様々なプランを紹介していますが、

カンボジアに住んで3種類のSIMカードを利用した経験から話します。

カンボジアでSIMカードを使うならCellcardが1番です。

僕がCellcardをオススメする理由3つ

・空港や国境で簡単に購入できる(最低$1~)
・郊外でも通じる。
・費用対効果が高いプランがある。

それでは、1つずつ説明していきたいと思います。

空港や国境で簡単に購入できる

Cellcardはカンボジアでも有数の大手キャリアです。国内の空港はもちろん、ベトナム(ホーチミン)からカンボジア(プノンペン)へバス利用で陸路入国する際の国境(バベット)にもショップを構えています。入国と同時にインターネットが使えるようになるのは、かなりありがたいと思います。

郊外でも通じる。

cellcard通信速度僕が使用しているCellcardでの通信速度(後述)。ダウンロード26.4mbs、アップロード8.23Mbpsで十分すぎる速度が出ています。

 

都市部であれば、携帯会社による通信速度の大きな違いはありません。しかし郊外となると話は別です。

カンボジア第二の世界遺産プレアヴィヒアやコーケー遺跡群のような都市部よりかなり離れた郊外ににある遺跡では携帯会社によっては通じません。しかし、Cellcardなら郊外でも安定したインターネット利用が可能なためオススメなのです。

費用対効果が高いプランがある。

各携帯電話会社ごとに様々プランを用意しています。Cellcardも同じようにプランを用意されているのですが、正直多すぎて迷ってしまいます。

ここでは、僕が最もオススメするプランを2つ紹介します。

どちらのプランも電話・SMSの利用とインターネット利用が可能です。

1つは旅行者向け、もう1つは在住者またはこれからしばらく滞在するという人向けです。

旅行者向けプラン:XG1.5/料金:$1.5/7日間

プラン内容:$35分(1,400MB)のインターネット通信が可能。
Cellcard同士の通話であれば71分間通話可能。(※Cellcardじゃない場合の通話やSMSは、別途料金加算。)
申込み方法:#8282#15#を通話画面で入力し、コール。

在住者向けプラン:XG6/料金:$6/30日間

プラン内容:$200分(8,000MB)のインターネット通信が可能
Cellcard同士の通話・SMS(ショートメッセイジ)は無制限で利用可能。(※Cellcardじゃない場合の通話やSMSは、別途料金加算。)
申込み方法:#8282#60#を通話画面で入力し、コール。

まとめと僕の利用状況

ちなみに、僕はXG6プランを利用していますが、$200分を30日間使い切ったことがありません。大体いつも$40分しか使っておらず、$160分くらい余ってしまっています。

僕の利用状況は以下のとおりです。

・オフィスやカフェでは基本的にWiFiを利用。

・外出時にLINE,Skype,FacebookやGoogle Map,Pokemon Goなどを利用(1日あたり4~5時間)。(※YoutubeなどはWiFi時にのみに利用)

というような感じです。

ただし、カンボジアでは停電が起こりやすく、WiFiが使えなくなるので、停電した場合には携帯電話をテザリングさせ、パソコンで作業が出来るように、通信量にはある程度余裕を持たせています。

ABOUT ME
あたぱえ秀丸
大学卒業後、そのまま東南アジアの現地旅行会社で働き出した28歳です。元バックパッカーとしての経験と、在住歴5年の知識を活かして東南アジアを一人旅する人向けに役立つ情報を発信していきます。