タイに関して

【最新】イーペン・ランナー・インターナショナルのチケット購入方法まとめ

コムローイ アイキャッチ

「死ぬまでに行きたい世界のお祭り&絶景」に選ばれるほど有名なタイのコムローイ祭をご存知でしょうか?

 

夜空を埋め尽くすほどのランタンが一斉に打ち上げられる様子は、男女問わず思わず息を呑んでしまうほどの美しさに、感動してしまいます。

 

世界中の旅行者が注目するほど大人気な1年に1度の盛大なお祭りなのですが、実は参加するためには事前にチケットやツアーの予約が必要です。

 

「そんな大人気なお祭りに参加するのってハードル高そうかも・・・」

 

とお考えの方、ご心配なさらず。

僕自身の実体験を元に、皆様の不安を少しでも解消できるように、実際の予約〜当日参加までの流れを説明させていただきます!

 

コムローイとは?

コムローイって

まずは、”コムローイ”とはどういうものなのか簡単に知っておきましょう。

 

コムローイが行われる意味や由来・歴史についても知っておくと、より楽しむことが出来ますよ。

 

仏教国タイで行われる世界最大規模のお祭り

コムローイは毎年11月中旬頃(陰暦で12月の満月の夜とされる)にタイ・チェンマイで開催される仏教の祭です。一番の目玉は、仏教の開祖ブッタへの敬意の念を込めて「コムローイ」と呼ばれるランタンに火を灯し、一斉に打ち上げることです。

▶コムローイの意味や由来・歴史についてはコチラ◀

コムローイによる幻想的な光景が最大の見所

タイ コムローイ(khom loi)20

ランタンが打ち上がる様子は、思わず息を呑んでしまうほどの美しさをはなち、幻想的な光景はメディアやSNSを通じて日本だけでなく世界中で話題となっています。

 

ディズニーの名作映画「塔の上のラプンツェル」にイーペンサンサーイが登場するシーンです。冒頭からロイクラトンを連想させるシーンがあります。

コムローイに参加するためのチケットについて

コムローイに参加するためのチケットについて

さて、冒頭でも述べましたがコムローイのお祭りに参加するためにはチケットを入手する必要があります。「絶対に参加してやるぞ!」と思った方、必見です。さっそく、コムローイ祭のチケットに関する情報をお伝えしていきたいと思います。

コムローイに参加するためにチケットが必要?

コムローイ祭はローカル向けと外国人向けの2種類あるので要注意!

コムローイ祭は元々、現地人向けのものしかありませんでしたが、2013年から外国人向けと現地人向けの2種類が開催されるようになりました。外国人向けが「イーペン・ランナー・インターナショナル」、現地人向けが「イーペン・サンサーイ」と呼ばれます。

 

コムローイ祭のチケットは、外国人向けの「イーペン・ランナー・インターナショナル」に参加するために必要です。現地人向けの「イーペン・サンサーイ」の方は、チケットなどは必要なく参加できたのですが、2018年10月現在は開催されなくなってしまいました。

 

コムローイの種類は2種類!

外国人向け(※宗教的な意味合いは弱い)=「イーペン・ランナー・インターナショナル」

現地人向けの(※宗教的な意味合いが強い)=「イーペン・サンサーイ」(現在は無し)

 

テレビやインターネットで有名な、私達が良く見ている写真は全て「イーペン・ランナー・インターナショナル」の方です。しかし、コムローイ祭は一体どこで開催されているのでしょうか?

 

外国人向けの会場は「メージョー大学」近くの寺院で行う

メージョー大学位置

「イーペン・ランナー・インターナショナル」が開催される会場は、タイ・チェンマイの郊外にある「メージョー大学(タイ語:มหาวิทยาลัยแม่โจ้)」の近くにある寺院で行われます。この寺院で行われる祭に参加するために、チケットが必要になります。

「イーペン・ランナー・インターナショナル」は毎年大人気のため、要チェック!

「イーペン・ランナー・インターナショナル」が行われる寺院は敷地内がそこまで広くないため、チケットによる人数制限が設けられています。そのため、必然的にこのチケット人気が高くなり、約5千枚ほどしかないチケットの争奪戦が毎年行われることになります。

 

発売されるど同時にすぐ完売。そんなふうに言われているチケットですが、どうやって入手したら良いか不安になってしまいますよね。

 

でも、大丈夫です!

チケットの購入方法・イベントへの参加方法をこれから丁寧に1つずつ説明していきます!

イーペン・ランナー・インターナショナルに参加するためのチケットの取り方

タイ コムローイ(khom loi)16

人気のコムローイ祭のチケットを入手する方法は大きく分けると以下の2通りあります。

  1. 日本の旅行会社に依頼する(コムローイ祭ツアー参加)
  2. 個人でチケットを手配する

日本の旅行会社に依頼する(コムローイ祭ツアー参加)

世界中から大人気のコムローイ祭のチケットは、旅行者だけでなく日本の旅行会社も手に入れたいほどの一品です。そのため、発売されると同時に旅行会社が大量に買い占めることもあります。

 

労力少なく且つ確実に参加するためには、日本の旅行会社のパッケージツアーに申し込む方法が一番良いです。しかし、日本発着ツアーとなるため、航空券やホテル代も含まれることになり個人手配よりも割高になってしまうので、ご注意を・・・。

 

「やっぱり割高なパッケージツアーよりも個人で楽しみたい!」という方にオススメな方法が、

 

「タイ現地の旅行会社に依頼すること」

 

です。現地の旅行会社に依頼することで、費用を抑え且つ個人でチケット手配が可能になります!それでは、続いて個人手配の方法を紹介します。

 

個人でチケット・ツアーを手配する3つの方法

1.日本からネットでチケット・ツアーを購入

僕が個人的に最もオススメなのが、インターネットで現地の代理店に連絡を取りチケットを入手する方法です。旅行が早く確定できる人は、まず間違いなくこの方法で申し込むのが一番です。チケットのみまたはチケット込のツアーに参加することになります。

 

ポイントとしては、1度完売してしまったとしても、2度めの販売時期の連絡が来るので、諦めないことです!大抵の場合、直前に空きが出ることもあるので、連絡をもらったらすぐに確定させてしまいましょう。

参考までに、下記の旅行代理店はインターネットで事前に予約することが出来るので、抑えておきましょう。基本的にどこの旅行代理店も毎年チケットの取扱があるので、ブックマークしておくと良いと思います。

 

 

↓日本語対応可能な旅行代理店↓

EXP Tahiland(エックスピー・タイランド)

▶EXP Tahilandのサイトはこちら◀

 

Chiangmai Happy Tour(チェンマイ・ハッピー・ツアー)

▶Chiangmai Happy Tourのサイトはこちら◀

 

Nara Tour(ナラ・ツアー)

▶Nara Tourのサイトはこちら◀

 

CM LANNA TOUR(シーエム・ランナー・ツアー)

▶CM LANNA TOURのサイトはこちら◀

 

RANVEL TOUR(ランベル・ツアー)

▶RANVEL TOURのサイトはこちら◀

 

↓英語オンリ―↓

Bon Voyage Thailand(ボン・ボヤージュ・タイランド)

▶Bon Voyage Thailandのサイトはこちら◀

2.タイの掲示板を活用してみる

現地に住んでいる日本人同士が交流するための「タイ掲示板」を利用してみるのも1つの方法です。この掲示板ではタイに関するチケットなどを「あげる・売る」「探す・買う」ということを無料かつ日本語で行えます。この掲示板による入手も運次第にはなってしまいますが、どうしても参加したい場合には利用してみましょう。

▶タイ掲示板のサイトはこちら◀

 

3.現地にてツアーに申し込む。または、チケットを自力で取る

チェンマイ現地に早めに到着できる人は、直接現地の旅行会社に行ってみましょう。運が良ければ、現地のツアーに申し込めたり、チケット自体を入手することが出来ますが、ほとんどの場合キャンセル待ちの状態になっているので、100%の補償が出来ません。

 

イーペン・ランナー・インターナショナルのチケット料金

タイ コムローイ(khom loi)25

チケット料金自体は1名あたり大体1万円ほどです。しかし、旅行会社によって若干料金が異なり、ほとんどの場合はこの料金の中にホテルから会場までの往復交通費が含まれることになります。また、会場ではチケット1枚に付きランタン(コムローイ)が1つと記念品としてのお土産をもらえます。

2018年・2019年のチケットの発売・予約開始時期はいつごろ?

タイ コムローイ(khom loi)6

旅行代理店にもよりますが、日本発のパッケージツアーの場合は3月〜4月頃から予約を開始しています。「イーペン・ランナー・インターナショナル」のチケット販売時期は大体8月~9月頃なので、個人で予約をしたい場合はこの時期のチケット販売の同行は要チェックです!

チケット無しの場合はどうしたらいい?

タイ コムローイ(khom loi)1

1.キャンセル待ちに申し込んでみる

チケット完売となってしまった場合でも、いくつかの旅行会社ではキャンセル待ちを受け付けているようなので、とりあえずキャンセル待ちを当てにしてみましょう。しかし、直前になるとキャンセル待ちも終了しまうので、要注意です。

2.会場外からコムローイを眺める

タイ コムローイ(khom loi)26

何とか自力で会場であるメージョー大学近くの寺院まで行き、敷地外からコムローイの様子を眺めることも出来ます。遠景からの眺めになるので、迫力や臨場感は物足りませんが、諦めきれない方は、ぜひ見に行ってみましょう。

3.会場外でランタンを購入し自力で打ち上げる

実は、ランタン(コムローイ)自体は街のいたるところで入手可能で、ランタンの打ち上げ自体も会場外で行われています。しかし、街中では各々のタイミングで打ち上げられるので、「イーペン・ランナー・インターナショナル」のような一斉に打ち上げられる迫力ある写真を撮ることは難しいです。コムローイ祭には参加出来なかったけど、せっかく来たということで、ランタンの打ち上げをやってみたいという人は是非挑戦してみましょう。

 

コムローイ祭「イーペン・ランナー・インターナショナル」のチケットまとめ

タイ コムローイ(khom loi)21

コムローイ祭はチケットがなくても楽しめますが、ランタン(コムローイ)の一斉打ち上げを行う会場(メージョー大学隣の寺院)に入るためにはチケットが必須です。

1番コストパフォーマンスが高いのは、「チケット込みの現地ツアーに申し込んで、チェンマイまでは自力で行く」方法です。現地ツアーの事前予約・申込みは8月くらいから可能になるので、事前に要チェックしておきましょう!

さいごに

タイ コムローイ(khom loi)10

コムローイ祭は、仏教の開祖仏陀(ブッダ)へ感謝の念を捧げるイベントです。私個人としては、同時に日頃お世話になっている身近な方々への感謝も同時に捧げる良い機会だと思います。

当たり前になって気づいていないかもしれませんが、私達が過ごしている毎日というのはいくつかの偶然や奇跡が重なって今日までの私達が存在していると私は思います。近くにあるからこそ気づけていない大切なものを、このコムローイ祭を通じて思い出し、ぜひ感謝の念を注いでみてください。

ABOUT ME
あたぱえ秀丸
大学卒業後、そのまま東南アジアの現地旅行会社で働き出した28歳です。元バックパッカーとしての経験と、在住歴5年の知識を活かして東南アジアを一人旅する人向けに役立つ情報を発信していきます。